不動産売却にかかる税金について

不動産売却ではどれくらいの税金がかかるのでしょうか?減税される場合はあるのでしょうか? - 不動産売却にかかる税金

不動産売却にかかる税金

thrhs購入をするときも経費が掛かってしまうのが不動産。当然ですが、売却をするときにも経費が掛かってしまいます。経費の種類としては、不動産管理会社との仲介手数料も代表的です。査定を受けるときにもお世話になりますので、無料ということはありません。その他の経費として税金があります。特に不動産譲渡所得税に関しては、知識がなければ損をすることになりますので、売却をする前に理解しておきましょう。

その前に他にも支払う税金がある

不動産譲渡所得税が有名な売却するときに掛かる税金になりますが、他にも支払うべき税金があります。特に売買契約書に貼付する印紙、そして不動産ローンを借りたときに発生した抵当権の抹消をするときの手続きで発生する税金があります。経費として後に不動産譲渡所得税のときに差し引いて節税することができますが、知っておいてほしい税金です。

売買契約書に貼付する印紙

売買契約書に明記されている金額によって、支払う税金も変わってきます。大きくなればそれだけ支払う税金も増えていきます。買主と売主それぞれに売買契約書を作成し、それぞれに印紙税を貼付する必要があります。ただし売主の場合、売買契約書をコピーすることによって印紙税を節約することも可能。この辺は仲介業者が指示をしてくれますが、節税に貢献しますので、知っておくと良いことがあるでしょう。支払うといっても住居するような不動産であれば、びっくりするような税金の金額にはなりません。

抵当権抹消登記に掛かる免許税

不動産を購入する際に、ローンを組んでいればほとんどに抵当権は発生しているはずです。もしローンを支払うことができなくなれば、それを抑えることによって返済に充てることができます。売却をすることになりますので、買主にとっては不必要な権利になることから、これを抹消する必要があります。
登録免許税という税金を納めることになります。不動産1つにつき、1000円掛かる税金です。一戸建てであった場合、土地と建物になりますので、2000円必要です。また大きな建物、特にマンションになる場合は、敷地をまたいでいることもありますので、その場合土地2つになることから、計3000円の納税になることも。自分で抹消をすることもできますが、手続きが面倒ですので行政書士に任せた方が無難です。これも費用になり、経費として計算することができます。

代表的な不動産譲渡所得税

売却をしたときに利益が出た場合、つなわち買ったときよりも売却益が出た場合に支払うことになる税金です。譲渡所得税の計算は、売却価格−購入価格+購入時売却時に掛かった諸経費を引いた金額になっています。

損をしないためにも知識の補完を

また長期と短期によってわけられるのも不動産譲渡所得税です。基本、長期になったほうが節税をすることができます。5年以下と5年以上の壁があり、その所有期間は単純計算ではなく、その年の1月1日までになっています。これをよく理解しておかないと、節税に失敗しますので、事前に把握をしておく必要があるでしょう。長期であれば20%、短期であれば39%になることから大きな差があることがわかります。

優秀な仲介業者がいれば減税効果もある

ただこのようなことは、本来仲介した業者からアドバイスを貰えます。優秀な仲介業者であれば、節税対策を助言してくれますので、良いパートナーを見つけることが、不動産の売却におけるポイントになるでしょう。

Copyright(C)2016 不動産売却にかかる税金について All Rights Reserved.