不動産売却にかかる税金について

不動産売却ではどれくらいの税金がかかるのでしょうか?減税される場合はあるのでしょうか? - 正当な評価を貰って売却をするためのコツ

正当な評価を貰って売却をするためのコツ

買主の購入希望額ができれば査定額に近くなるのが理想的な不動産売却になります。ただそううまくいくことは少ないです。だからこそ良い売却ができるコツを知っておくことをおすすめします。これを知っているかによってまったく違った不動産売却になるでしょう。

買主の希望にはできる限り答える

買主の購入希望額に沿ってあげるのも、スムーズな売却になりますが、できないこともあるでしょう。できる限り買主の要望に沿うようにしましょう。購入金額やリフォームなど、なかなか対応できないことに応じる必要はありませんが、見学依頼には積極的に応じてください。もちろん綺麗にしている状態を見せることによって、大切に使われていた家という印象を与えることができるでしょう。

売却する時期も工夫をしよう

日本は新年度が4月からになりますので、2月、3月に不動産の売買が活発します。その時期にあった売却をすると、うまく売れる可能性が高まってきます。契約が成立するまで数ヶ月掛かるのが一般的になりますので、11月や12月から売却するための活動を活発させることをおすすめします。売却する時期も工夫をしてください。

仲介業者によって評価がかわる

良い不動産会社と媒介契約を結ぶことによって、売買はスムーズに運ぶことになります。よって良い業者を選択することが、不動産売却には大切です。いろんなアドバイスを貰えて、そして人柄も良い営業マンがいる不動産会社を選択しましょう。

何がプラスになるのかわからない

どんなポイントが買主の購買欲を刺激するのかわかりません。だからこそ、できる限りの買主の要望には応えて、良い印象を与えておくことをおすすめします。相手も人間です。良いイメージを与えておきましょう。

関連する記事

Copyright(C)2016 不動産売却にかかる税金について All Rights Reserved.