不動産売却にかかる税金について

不動産売却ではどれくらいの税金がかかるのでしょうか?減税される場合はあるのでしょうか? - 不動産売却はどのくらいお金が掛かる?

不動産売却はどのくらいお金が掛かる?

いろんな項目において費用が掛かってしまうのも不動産です。購入時はもちろん、売却時にもお金が掛かってしまい、売却価格がかすんでしまうことも。また売却益が出た場合は、不動産譲渡所得税も必要になってきます。

仲介手数料

ひとりでも物件を売却することができますが、不動産の知識がなければ、なかなか難しいのが現状です。不動産会社と媒介契約を結ぶことによって、スムーズな売買を成立させることができます。仲介手数料は売却価格×3%+6万円×消費税となることから、なかなかの費用が掛かることを覚悟しておきましょう。不動産譲渡所得税と一緒で大きくなる可能性がある費用です。

諸々の税金

売買契約書に貼付する印紙、また抵当権を抹消するための登録免許税、そして売却したときに利益が出る場合であれば、不動産譲渡所得税と掛かります。特に不動産譲渡所得税は所有していた期間の5年を超えることによって、節税効果を持ちますので、特別な知識が必要となっていきます。このような知識を植え付けてくれるのも、媒介契約をする不動産会社になることを忘れないでください。だからこそ良心的な会社が求められます。

良い値段で売るための諸費用

良い売却価格が欲しいのであれば、それなりに良い物件と見せる必要があります。そのためにリフォームをするのも良いでしょう。当然売却した価格で捻出をすることになりますので、緻密な計算が必要になりますが、ここにも費用が掛かることがわかります。

売却をするまえに把握をしておこう

このような費用は売却をする前に知っておいた方が良い数字になります。売却をした後、こんなはずではなかったといったことが起きやすくなる費用です。しっかり計算をして、見積っておきましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2016 不動産売却にかかる税金について All Rights Reserved.