不動産売却にかかる税金について

不動産売却ではどれくらいの税金がかかるのでしょうか?減税される場合はあるのでしょうか? - 不動産売却をする流れを知っておこう

不動産売却をする流れを知っておこう

そう簡単に、そしてスムーズに売れることが少ないのが不動産売却です。どんな流れに沿って売却が進むのかを理解しておきましょう。流れを知っておくことで、焦らない売却をすることができます。準備をすることが不動産売却には大切なことです。

情報収集と査定

どのくらいの値段で売れるのか?これをある程度知ることも重要です。インターネットを活用して大体の目安を知ることができます。ただ目安になりますので、最終的な判断は不動産会社の査定によって行われます。査定にも2通りあり、簡易査定と訪問査定となります。正確な査定は現地調査を行う訪問査定です。ただ査定と実際の売却価格は異なりますので、こちらもあくまでも目安ということになるでしょう。

媒介契約をすれば売却の開始

不動産売却は自分でもできますが、不動産会社と媒介契約を結びことでスムーズな取引が行われます。新聞広告や不動産情報が一括で管理をしているレインズに掲載などして、物件を売り込みます。訪問を受けることもありますので、できる限り綺麗に見た目を良くしておくことも大切です。不動産会社に任せっきりにならないように注意してください。

売買契約を結び引き渡し

買い手が現れると、売買契約を結ぶことになります。買主の希望購入価格もあるでしょう。引き渡し日や代金の支払い方法など具体的な話がまとまれば成立です。売却が成功すれば媒介契約を結んでいる不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。

じっくり取り組むように

高い値段を希望しても、急いで売るのもあまり良い方法ではありません。不動産のエキスパートの話をじっくりと聞き、納得できる価格で売るようにしましょう。焦りが禁物になるのも不動産売却です。

関連する記事

Copyright(C)2016 不動産売却にかかる税金について All Rights Reserved.